コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケシとヘロイン

1件 の用語解説(ケシとヘロインの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ケシとヘロイン

ケシの実から採れた乳液は時間がたつと黒褐色固まりになる。これがアヘンで、少量を口に含んだり、たばこのように吸煙したりする方法が一般的。主成分モルヒネで、麻酔や鎮痛剤にも使われる。アヘンを化学的に精製して作る麻薬がヘロイン。強烈な陶酔感が得られるとされ、「薬物の王者」とも呼ばれる

(2007-10-02 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケシとヘロインの関連キーワード角が立つ芥子殻苔忍時刻を移す死後硬直世間が立つ遥けし歳の実ケシの実ホールウェグ法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone