コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケショウヤナギ(化粧柳) ケショウヤナギChosenia arbutifolia

2件 の用語解説(ケショウヤナギ(化粧柳)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケショウヤナギ(化粧柳)
ケショウヤナギ
Chosenia arbutifolia

ヤナギ科の落葉高木。日本では高山または亜高山に生じ,上高地の梓川沿いの群落は有名である。朝鮮中・北部,中国東北地方シベリア東部などに分布。高さ 15m,径 1mに達する。狭長楕円形の葉は長さ 5cm内外で粉白色,無毛,微細な鋸歯がある。初夏,新葉とともにヤナギに似た花穂をつける。若い枝葉は厚い白ろう質をかぶって白いので,化粧をしているという意味でこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケショウヤナギ【ケショウヤナギ(化粧柳) Chosenia arbutifolia (Pallas) A.Skvortz.】

河岸の砂礫地(されきち)に生えるヤナギ科の落葉高木(イラスト)。東北アジアに広く分布し,日本では北海道のほか,信州上高地付近に隔離分布する。和名は若枝が粉白色を帯びる特徴にちなみ,属の学名は最初朝鮮で発見されたことから名づけられた。幹は高さ20~25mに及ぶ。樹皮は灰褐色で不規則に縦に裂ける。葉は細長い長楕円形で長さ5cm内外。托葉はない。花は4~5月に咲き,尾状花序は花時に下垂する。雄花は5本のおしべから,雌花は1個の子房からなる簡単なもので,雌雄異株である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone