コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケッテラー Ketteler, Wilhelm Emmanuel Freiherr von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケッテラー
Ketteler, Wilhelm Emmanuel Freiherr von

[生]1811.12.25. ミュンスター
[没]1877.7.13. オーバーバイエルン,ブルクハウゼン
ドイツのマインツの司教。 19世紀ドイツ・カトリック主義の最も卓越した代表者として,教会の自由のために戦った。反宗教的風潮に警告し,キリスト教的原則による社会の再編を説くとともに,第1バチカン公会議においては教皇不謬性の教義に対して消極的,制限的な立場を取った。主著は"Die Arbeiterfrage und das Christentum" (1864) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ケッテラー

生年月日:1853年11月22日
ドイツの外交官
1900年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ケッテラーの関連キーワードケッテラー‐ヘルムホルツの式セルマイヤーの分散式フォーゲルザンク12月25日生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android