コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケットゴケ(毛布苔) ケットゴケDictyonema sericeum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケットゴケ(毛布苔)
ケットゴケ
Dictyonema sericeum

担子地衣類の1種。縁の丸い瓦を並べたような形になる。裏面は藍色がかった深緑色で縁は白い。ゴニジアはスキトネマ Scytonemaという藍藻類であり,子実層は体の白い縁の部分の裏側にできる。一様な柔細胞の層で,一般のキノコのようなひだや孔はできない。岩上や地上にセン類やマメヅタなどの高等植物と混生している。本州中・南部の太平洋岸から四国,九州,台湾,遠くはジャワにかけて産する。フランネルゴケと称する同属の種も知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android