コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケツ(頁)岩油 けつがんゆ

1件 の用語解説(ケツ(頁)岩油の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケツ(頁)岩油【けつがんゆ】

シェール油とも。オイルシェールを乾留して得られる石油原油に似た油。各種炭化水素のほか,タール酸,タール塩基を含む。原油同様に利用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のケツ(頁)岩油の言及

【オイルシェール】より

…油母ケツ岩,油ケツ岩ともいい,粘土質の層状岩で,乾留によって天然の石油と同じ性質の油分(ケツ岩油,シェールオイルshale oil)を約40l/t以上留出するようなケツ岩をさす。オイルシェールは,石油根源岩と同類のものであるが,石油を生成するほどの熱を受けておらず,通常の石油根源岩より有機物の含有量が多い。…

※「ケツ(頁)岩油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone