コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケツギョ

世界大百科事典 第2版の解説

ケツギョ

スズキ目ハタ科ケツギョ属Sinipercaに属する淡水魚の総称,またはそのうちの1種を指す。朝鮮半島から中国南部にまで分布する。日本には近縁種のオヤニラミ(イラスト)が西日本の河川に分布しているが,本属魚類は分布していない。しかし,味がよく,食用にもなるので,日本でもコウライケツギョ(朝鮮語名ソカリ)S.scherzeriの人工孵化(ふか)と養殖の試みがなされている。ケツギョS.chuatsiはシナケツギョとも呼ばれ,アムール川から広東省までの大河とそれに続く湖沼にすむが,上流域にはいない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケツギョ

モトケツギョ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケツギョの関連キーワード人工孵化

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android