ケネス・デイヴィド カウンダ(英語表記)Kenneth David Kaunda

20世紀西洋人名事典の解説

ケネス・デイヴィド カウンダ
Kenneth David Kaunda


1924.4.28 -
ザンビアの政治家。
ザンビア大統領。
ルブア(ザンビア)生まれ。
牧師の子として生まれ、教員養成学校卒業後、学校教師となる。1949年アフリカ人民族会議(ANC)に入り、’53年書記長となる。’58年ANCを脱党して、ザンビア民族会議を結成するが、弾圧・投獄される。’60年統一民族独立党を結成。’64年、ザンビアの独立と共に、大統領就任。暴力による制圧を否定し、人道主義に基づく社会主義を主唱し、一党制国家を作り上げる。’74年、近隣諸国とフロントライン5カ国を結成。南部アフリカの白人支配からの解放を訴え続けている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android