コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケノマニ人 ケノマニじんCenomani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケノマニ人
ケノマニじん
Cenomani

古代ケルト人の一部族。アルプス以南のガリア,すなわち現在の北イタリアが居住地で,ポー川沿岸を中心にロンバルディア平原一帯に分布していた。前3世紀末と前2世紀初頭の2回にわたってローマと同盟し,他のガリア諸族と対立した。この部族の発祥地は明らかでないが,プリニウス (大) によるとマッシリア (現マルセイユ) 付近と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケノマニ人の関連キーワードベロナ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android