コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケバラ洞窟 ケバラどうくつKebarah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケバラ洞窟
ケバラどうくつ
Kebarah

イスラエル,カルメル山の西麓にある洞窟遺跡。ケバラ文化の標準遺跡。中期から後期旧石器時代の良好な堆積もある。中期旧石器時代のレバンタイン・ムスチエ文化層,後期旧石器時代のレバンタイン・オーリニャック文化層はともに西アジアを代表する文化層である。レバンタイン・ムスチエ文化層からはネアンデルタール型の人骨も発見されており,人類学的に見ても重要な遺跡である。この年代は6万年強と出ているが,これよりも古い現代型の人骨が他の遺跡から発見され,多くの議論を呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android