コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケフィソドトス ケフィソドトスKēphisodotos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケフィソドトス
Kēphisodotos

ギリシアの彫刻家。前4世紀初めにアテネで活躍。プラクシテレスの父といわれる。代表作は,ローマ時代の模刻がミュンヘングリュプトテークにある『幼児プルートス (富) を抱く女神エイレネ (平和) 』 (前 375~370) 。

ケフィソドトス
Kēphisodotos

ギリシアの彫刻家。アテネの人。前 300年頃活躍。プラクシテレスの子。『メナンドロス』 (前 300頃,模刻,ニュ・カルルスベア・グリュプトテケット) で知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報