コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケブネカイセ[山] Kebne Kaise

1件 の用語解説(ケブネカイセ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケブネカイセ[山]【Kebne Kaise】

スウェーデンの最高峰(2111m)を含む約3000km2の山塊で,北緯68゜にあり,有名な鉄鉱山町キルナの西方にある。氷河期の氷床が最後まで残り,古い準平原に深いU字谷を刻んで絶壁をつくり,圏谷も多い。この山塊は国立公園で,春の山スキーや夏の岩登りの名所である。ここから流れ出すカリックス川は,ボスニア湾の最北部に流れこむ。北西80kmには,キルナ鉄鉱石の積出港ナルビク(ノルウェー領)がある。【太田 昌秀】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケブネカイセ[山]の関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレースウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーディッシュ・ラップフントスウェーデンハウススウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone