コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケマンソウ(華鬘草) ケマンソウDicentra spectabilis; bleeding heart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケマンソウ(華鬘草)
ケマンソウ
Dicentra spectabilis; bleeding heart

ケシ科の多年草で,中国原産。観賞用として庭園などに栽植される。の高さは 60cmほどで,全体は白みを帯びた緑色。葉は互生し羽状に裂け,裂片の縁にはあらい鋸歯がある。4月に,茎の先端に総状花序をなして数個の花をつける。花序の上部は弓形に曲る。花は短い柄で垂れ下がり紅色で美しい。萼片は2枚あるが開花する前に落ちてしまう。花弁は4枚で外側,内側に各2枚ずつあり,内側の2枚は合着している。花のつき方を仏前装飾華鬘に見立ててこう呼ぶ。この仲間には,高山植物として有名なコマクサがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケマンソウ【ケマンソウ(華鬘草) bleeding heart】

中国原産のケシ科の多年草。昔より庭園によく植えられ楽しまれる宿根草で,15世紀ころすでに渡来していたといわれる。一名,フジボタンタイツリソウ,ヨウラクボタンというが,いずれも,小花を垂れ下げて咲くその姿や葉の形から名付けられたものであろう。円筒状の茎を出して叢生(そうせい)し,灰緑色の数回羽状複葉を茂らせる。4~5月ころ,心臓形をした桃紅色の扁平な小花を偏側する総状花序に垂れ下げて咲かせる。冬は茎葉は枯れ,根株で越冬をする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android