コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケラ(螻蛄) ケラ mole cricket

翻訳|mole cricket

1件 の用語解説(ケラ(螻蛄)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケラ【ケラ(螻蛄) mole cricket】

直翅目コオロギ上科ケラ科の昆虫(イラスト)。俗にオケラともいう。地表近い地中にトンネルを掘り,その中で生活する。前脚が土を掘るためにシャベル状に特化し,モグラの前脚を思わせる。雄は小さな前翅を振動させてジージーと低い音で鳴く。日本全国,アジアアフリカオーストラリアなどに広く分布する。全体が茶褐色で,体長約30mm。頭は小さく,筒状で大きい前胸背板にすっぽりとはまっている。触角は短く,この点で他のコオロギ類と異なっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のケラ(螻蛄)の言及

【ミミズ(蚯蚓)】より

…ミミズが土壌を肥沃にし,縦横に穴を掘って移動するので通気性を高め,農作業上有益であることは古くから知られていた。また近代まで,土中にあって鳴くケラ(螻蛄)の雄の音をミミズが鳴くといい,声を美しくする妙薬として,泥を吐かせたミミズを,酒をもって生きたままのむこともあった。薬用としたのはカブラミミズという,頸部(けいぶ)に白環のあるものである。…

※「ケラ(螻蛄)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケラ(螻蛄)の関連キーワード直翅類閻魔蟋蟀螻蛄小蜂蟋蟀綴刺蟋蟀御竈蟋蟀阿亀蟋蟀竈馬ころぎす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone