コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケリファイト kelyphite, celyphite, kelyphitic

岩石学辞典の解説

ケリファイト

橄欖(かんらん)石が斜長石と接触する場合に橄欖石の周囲を取り巻いて縁や境界の部分に形成される輝石,角閃石,スピネルの微結晶の集合体である.石榴石が橄欖石や他のMgに富む鉱物と接触した場合に石榴石の周囲にも形成される[Schrauf : 1882, Johannsen : 1931].ケリファイトは初め安定的に共存した二種の鉱物が,温度圧力,水蒸気圧などの変化により反応して生じた細粒の鉱物で,二次的に形成されたものである.これに対してコロナは初生的なものとされている[Sederholm : 1916,片山ほか : 1970].ギリシャ語のkelyphosは果物や樹木の皮や殻のこと.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ケリファイトの関連キーワードケリファイトシナンテクテイックケリファイト状組織ケリフィトイドゴルズノ岩眼斑組織反応縁

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android