コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルキラ[島] ケルキラ

1件 の用語解説(ケルキラ[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケルキラ[島]【ケルキラ】

コルフ[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のケルキラ[島]の言及

【イオニア[諸島]】より

…総面積2307km2,人口19万1000(1991)。北からケルキラ(一般にコルフの名で知られる),パクシ,レフカス,イターキ(古代名イタケー),ケファリニアザキントス(別名ザンテ),ずっと南に離れてキティラ。どの島も山が多いが,気候は温暖である。…

【コルフ[島]】より

…面積593km2,人口9万7000(1981)。現代ギリシア語の正式名はケルキラ島Nísos Kérkyra。南北に長く,北部には山が多いが,全体に水にめぐまれて豊穣である。…

※「ケルキラ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone