コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルラリウス Cerularius(Caerularius), Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルラリウス
Cerularius(Caerularius), Michael

コンスタンチノープル総大主教 (在位 1043~58) 。政治的野心家といわれ,1040年皇帝ミハエリス4世に対する陰謀に加わり,のちに共謀者コンスタンチノス9世モノマコスによって総大主教に任じられた。反ラテン教会的傾向が強く,ラテン教会の慣行である土曜日の断食と種なしパンの聖餐での使用を批判。皇帝レオ9世に促されて一時宥和的態度を示したが,教皇の派遣したシルバ・カンディダの司教枢機卿フンベルツスとの間に決定的な確執が生じ,54年ついに両者は互いに他方を破門して,東西両教会の大分裂を引起した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケルラリウスの関連キーワードコンスタンチノープル総大主教コンスタンティノス(9世)ミカエル・ケルラリオス東西両教会の分裂キリスト教

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android