コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケロリン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ケロリン

内外薬品(富山市)が1925(大正14)年に発売した解熱鎮痛薬。鎮痛効果がある「アスピリン」と胃の粘膜を守る和漢生薬「桂皮(ケイヒ)」を配合。当時は一般的だった漢方薬と比べて効き目が早いとして、「ケロッと治る」からケロリンと名付けられた。

(2013-11-19 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ケロリンの関連キーワード島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)アール・デコ内田吐夢フォード(John Ford(1895―1973))

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケロリンの関連情報