コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンタレン岩 ケンタレンがんkentallenite

岩石学辞典の解説

ケンタレン岩

ティールが橄欖(かんらん)モンゾニ岩と記載した岩石を,後にヒルたちがケンタレン岩と命名した[Teall : 1897, Hill & Kynaston : 1900].この岩石は中粒~粗粒の顕晶質岩で,橄欖石オージャイト斜長石(An50より石灰質),黒雲母正長石からなる岩石である.マフィック鉱物はクラスターとなる傾向がある.斜長石がマトリクスとなり,その粒間を正長石が埋めている.粗面玄武岩(または閃長斑糲(はんれい)岩)に相当する岩石[Lacroix : 1917, Holmes & Harwood : 1937].岩石名はスコットランド,アージルシャイヤー(Argyllshire),バラクリシュ(Ballachulish)近くのケンタレン(Kentallen)採石場に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンタレン岩
けんたれんがん
kentallenite

橄欖(かんらん)石を含む優黒質のモンゾニ岩monzonite(黒雲母(くろうんも)、角閃(かくせん)石、輝石などからなる完晶質粗粒の深成岩)。ほぼ等量の輝石、橄欖石、斜長石、正長石からなり、黒雲母、磁鉄鉱、燐灰(りんかい)石を伴う、アルカリに富む深成岩である。日本では岩手県二戸(にのへ)郡一戸(いちのへ)町鳥越に小さな岩体が知られていて、かつては「黒御影(みかげ)」として石材に使われていた。スコットランドのケンタレンKentallen採石場にちなんで命名された。[千葉とき子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android