コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンチョピアの県条例改正

1件 の用語解説(ケンチョピアの県条例改正の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ケンチョピアの県条例改正

県は1976年に「県港湾施設管理条例」を改正し、ケンチョピアを大型船舶用泊地に指定。1日200円の利用料をとって船舶の係留を認めるとした。だが罰則規定がなく、管理体制も不十分だったため、約7割の船舶が許可を取らずに係留していた。5月1日の改正条例の施行で、小型船舶用泊地となり、月ごとに船舶などの長さ1メートルあたり525円の利用料を徴収することになった。あわせて、港湾法による放置等禁止区域に指定。1年以下の懲役、50万円以下の罰金が科せられるなど管理体制を強化した。

(2012-05-31 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケンチョピアの県条例改正の関連キーワードエームサービス港務テーマベイエリア埋設管生駒市の政治倫理条例案自動車NOx・PM法と条例規制情報公開条例クリタス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone