コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンドル けんどるHenry W. Kendall

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンドル(Henry W. Kendall)
けんどる
Henry W. Kendall
(1926―1999)

アメリカの実験物理学者。ボストン生まれ。マサチューセッツ州のアマースト大学を1950年に卒業。大学院に進学したマサチューセッツ工科大学(MIT)で、ポジトロニウムという粒子にあらわれる「ラム・シフト」とよばれるエネルギーのずれについて研究し、1955年に博士となる。スタンフォード大学では、のちにスタンフォード線形加速器研究所(SLAC:Stanford Linear Accelerator Center)にある巨大加速器の前身となる長さ約300フィート(約90メートル)の直線状の加速器を使い、陽子と中性子の構造について研究。1961年にMITに移り、J・フリードマンとも共同で研究を開始した。これら一連の研究で、陽子と中性子が「クォーク」とよばれる基本粒子の組み合わせでできていることを実験的に確認した。フリードマン、R・テーラーとともに、「陽子と重水素核による電子の深部非弾性散乱の研究、クォーク模型への貢献」により、1990年のノーベル物理学賞を受賞した。1969年からは、原子力発電や大気中の二酸化炭素の増加による地球温暖化など、科学や技術の進展が社会に与える影響を考える公的団体でも活動した。[馬場錬成]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケンドルの関連キーワードフリードマン(Jerome I. Friedman)テーラー(Richard E. Taylor)

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケンドルの関連情報