ケンブリッジ・プラトニスト(英語表記)Cambridge Platonists

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンブリッジ・プラトニスト
Cambridge Platonists

17世紀中頃から 18世紀初めにかけてケンブリッジ大学を中心に活躍した哲学者,モラリスト,神学者たちをいう。代表者は B.ウィッチコート,R.カドワース,H.モーア,J.スミスなどである。プラトンの思想を新プラトン主義の観点から解釈したいわゆるルネサンスのプラトニズムに依拠したためにケンブリッジ・プラトニストといわれたが,観念論の立場に立ち,当時支配的であったホッブズの経験論とカルビニズムとに反対した。経験主義への批判という点ではデカルトから多くを学んだが,しかし彼の機械論的考え方には反対した。理神論の先駆者たち。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android