ケンブリッジ綱領(読み)けんぶりっじこうりょう(英語表記)Cambridge Platform

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンブリッジ綱領
けんぶりっじこうりょう
Cambridge Platform

アメリカ、ニュー・イングランド植民地の会衆派の信仰規準。ボストンのケンブリッジにおいて開かれた4植民地の会衆派教会代表者会議によって、1648年9月15日に採択された。神学的にはウェストミンスター信仰告白に示されているカルバン主義の立場にたち、その教会政治の理念は、1708年コネティカット植民地会衆派によって「セイブルック綱領」Saybrook Platformが採択されるまで、全ニュー・イングランドにおける会衆派教会の統一にとって大きな支えとなった。[曽根暁彦]
『曽根暁彦著『アメリカ教会史』(1974・日本基督教団出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android