コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーナ・ウパニシャッド ケーナ・ウパニシャッドKena-Upaniṣad

1件 の用語解説(ケーナ・ウパニシャッドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーナ・ウパニシャッド
ケーナ・ウパニシャッド
Kena-Upaniṣad

古代インド初期 (前 500頃) 成立のウパニシャッド文献群の一つ。『サーマ・ベーダ』所属。『タラバカーラ・ブラーフマナ』に含まれジャイミニ派に属する。4章から成り,前2章はほぼ韻文でアートマンの探究を内容とし,後2章はすべて散文で物語形式によって諸神が新発見のブラフマンに対して驚きの目をもって見た状態を叙述している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケーナ・ウパニシャッドの関連キーワード末法思想五五百歳Network Computerグライダー競技造血薬エヴァ新幹線五百羅漢朝鮮抵当権社食本

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone