コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーニヒの圧力炎 ケーニヒのあつりょくえんKönig's manometric flame

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーニヒの圧力炎
ケーニヒのあつりょくえん
König's manometric flame

音波などによる気体の振動を観察するため,ドイツの音響学者 K.ケーニヒは炎の振動を利用した。この炎をケーニヒの圧力炎という。容器に振動膜と細口管をつけ,この中に可燃性のガスを入れて管の先に火をつける。音波などによって膜を振動させると,容器内のガスの圧力が変化し,それに応じて炎が動く。ケーニヒはこれを使って母音の研究をした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android