コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーニヒスベルグの橋

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ケーニヒスベルグの橋

18世紀、今のリトアニアにあるケーニヒスベルグという町で話題になった問題。内容は、ケーニヒスベルグを流れるブレーゲル川にかかる7つの橋をすべて1回だけ渡って散歩ができるかというもの。スイスの学者であるオイラーが一筆書きの問題として、この橋渡りを解いた。現在、ケーニヒスベルグには、高架道路と3つの橋が残っている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android