コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーブルテレビ(CATV)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ケーブルテレビ(CATV)

専用回線などを使って番組を流すテレビの有線放送サービス。日本では1955年に群馬県内でNHKが始めたのが最初。当初は電波が届きにくい山間部などでもテレビを見られるようにするのが目的だった。様々な内容のチャンネルや高速インターネット接続、電話サービスを提供することで都市部でも普及した。

(2008-10-28 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ケーブルテレビ(CATV)の関連キーワードインターネットとケーブルテレビの普及イッツ・コミュニケーションズリサイクル戦隊ワケルンジャーインターネットプロバイダータイム・ワーナー[会社]電気通信役務利用放送法CATVインターネットピーマンズスタンダードケーブルメディア四国ナローキャスティングセットトップボックスコードカッティングローカル・メディア共同アンテナテレビ三地直装イワシマンteletopiaブロードバンド通信家庭用電力の自由化BBケーブルTVアドバンスコープ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーブルテレビ(CATV)の関連情報