ゲオニム(英語表記)Geonîm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲオニム
Geonîm

ヘブライ語で「卓越した人々,閣下」の意。単数はガオン Gaon。7世紀以後イスラムの支配下に入ったバビロニアではユダヤ人は比較的自由を得ることができ,統一的宗教活動に従事したが,スラとプムベディタのユダヤ人学校の校長たちは,精神的,宗教的な面でユダヤ人の指導者となり,ゲオニムと呼ばれた。彼らはタルムードの教師,解説者として卓越し,新しい世界情勢にタルムードを適用させるべく適切な解釈と判断を下し,ユダヤ人社会から師表と仰がれた。有名な人にガオン・イェフダイ,パルトイ・ガオンらがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android