コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオモロイ ゲオモロイgeōmoroi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲオモロイ
geōmoroi

古代ギリシア語で「土地の分け前を取る者」の意味で,一般にゲオルゴイやアグロイコイと同様農民をさすが,ところにより身分の高い大土地所有者をいう。アテネでは伝説のテセウス時代の3階級の一つで,ソロンの改革で農民級として重装歩兵 (ホプリタイ ) を構成する人々をさした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲオモロイの関連キーワードサモス島

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android