コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオルギウ・デジ Gheorghe Gheorghiu‐Dej

世界大百科事典 第2版の解説

ゲオルギウ・デジ【Gheorghe Gheorghiu‐Dej】

1901‐65
ルーマニアの政治家。労働者出身で1930年ルーマニア共産党に入党,33年の鉄道・石油労働者の大ストライキの指導者として認められたが,そのため12年の懲役刑を宣告された。34年党中央委員に選ばれ,ドフタナDoftanaの獄中から党活動を指導,44年8月10日に脱獄し,8月23日の反ファシスト武装蜂起を準備した。45年以後党書記長となり,また各大臣,首相を歴任して,ルーマニアの社会主義建設期の最高指導者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のゲオルギウ・デジの言及

【ルーマニア】より

…パトラシュカヌが失脚し,ルーマニアの党は東欧でも最もソ連に忠実な党といわれた時期であり,それがスターリンの死までつづいた。(4)1953年3月~65年3月19日 ゲオルギウ・デジの指導した時期で,53年のベルリン暴動以後ソ連とルーマニアの合弁企業の廃止やソ連駐留軍の削減が目だち,59年にはCOMECON(コメコン)の主張する社会主義諸国間の分業体制に反対した。60年以後の中ソ論争では中国に対する非難を拒否し,64年にはマウレル首相が中国を訪問し,またアルバニア,ユーゴスラビアとの関係改善を図るなどの自主外交を展開した。…

※「ゲオルギウ・デジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲオルギウ・デジの関連キーワードゲオルギュ デジコミンフォルムチャウシェスク11月8日ドン川

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android