コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲストの服装 <女性・洋装>

1件 の用語解説(ゲストの服装 <女性・洋装>の意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

ゲストの服装 <女性・洋装>

洋服の場合もきちんとルールがありますが、和装ほど明確ではありません。昼と夜、結婚披露宴の時間帯にふさわしいものを選ぶことが大切です。●昼の結婚披露宴の場合未婚既婚を問わずアフタヌーンドレスが正式な装いです。既婚者はミセスらしく上品な感じのワンピースアンサンブルに。着丈はロングになるほどフォーマル感が増します。未婚者のアフタヌーンドレスの場合、基本的には無地が正式なマナーで、光沢のあるものや豪華なものは避けましょう。●夜の結婚披露宴の場合イブニングドレスかカクテルドレスになります。イブニングドレスの方がよりフォーマル。ワンピース仕立て、胸や背などの肌の露出が多いのが特徴です。丈は床までのロング、ノースリーブにするのがマナー。カクテルドレスはワンピースまたはアンサンブル仕立て、丈は床までのロングからひざ下までとなっています。披露宴に関してはカクテルドレス程度でよいとされていて、生地も絹で無地が基本。●略装の場合洋服の場合は、少し高価なレストランに行くとき、または謝恩会などパーティーに出席するときの装いをイメージするとよいでしょう。エレガントデザインの絹やウールスーツなどにパールアクセサリーコサージュをつける程度で十分。●色花嫁の色である白はNG。黒もなるべく避け、地味になり過ぎないことを心がけて。花嫁のお色直しのドレスの色を前もって聞いておき、同じ色を着ないようにするのも大切。パステル系のやわらかい色は優しく華やかに見えますし、会場の彩りにもなるのでおすすめです。●靴一般的には、ヒールがあり、先のあるプレーンなパンプスがいいと言われています。ミュールブーツは控え、服装に合ったものを考えましょう。素足ではなく、足(脚)をキレイに見せてくれたり、肌の露出感を弱めてくれたりするストッキングを履きましょう。 最近では、エアーストッキングと呼ばれるスプレータイプのストッキングや、脚専用のボディファンデーションなども販売されています。●アクセサリー昼はパールやコサージュなど光らない素材のもの。夜は逆に、宝石など光る素材でゴージャスなアクセサリーを身に付けますが、主役より目立たないように気を付けましょう。結婚式の服装で選ばれることの多いワンピースの中には、キャミソールやノースリーブなど肌の露出が多いものもあります。挙式や結婚披露宴では肌の露出は好ましくないので、ボレロショール、もちろん上着などを用意すると良いでしょう。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲストの服装 <女性・洋装>の関連キーワード肝炎乱視きちっときちんきちんきちんとちんとでありますありますバックルームCampus

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone