コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲティスバーグ会戦 ゲティスバーグかいせん

1件 の用語解説(ゲティスバーグ会戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゲティスバーグかいせん【ゲティスバーグ会戦】

アメリカ南北戦争における決定的会戦。1863年7月1日から3日にわたり,ペンシルベニア州ゲティスバーグGettysburg付近で行われた。北軍の指揮官ミードGeorge G.Meade将軍(1815‐72)が南軍のリーRobert Edward Lee将軍(1807‐70)指揮下の部隊を迎え撃った。北軍が新式の施条銃と野砲を組み合わせて組織的な防御を準備したのに対して,南軍がそれらの射撃効果を軽視して,その防御陣地に対して真正面から横一線の隊形で攻撃前進したため失敗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゲティスバーグ会戦の関連キーワードアングロアメリカアメリカ杉アメリカスペイン戦争アメリカ地中海アメリカメキシコ戦争アメリカン奉天の会戦亜米利加アメリカ連合国汎アメリカ主義

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone