コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲティスバーグ会戦(読み)ゲティスバーグかいせん

世界大百科事典 第2版の解説

ゲティスバーグかいせん【ゲティスバーグ会戦】

アメリカ南北戦争における決定的会戦。1863年7月1日から3日にわたり,ペンシルベニア州のゲティスバーグGettysburg付近で行われた。北軍の指揮官ミードGeorge G.Meade将軍(1815‐72)が南軍のリーRobert Edward Lee将軍(1807‐70)指揮下の部隊を迎え撃った。北軍が新式の施条銃と野砲を組み合わせて組織的な防御を準備したのに対して,南軍がそれらの射撃効果を軽視して,その防御陣地に対して真正面から横一線の隊形で攻撃前進したため失敗した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android