コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲナスドルフ遺跡 ゲナスドルフいせきGönnersdorf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲナスドルフ遺跡
ゲナスドルフいせき
Gönnersdorf

ドイツ,ライン川東岸,ケルンの南約 50kmにある後期旧石器時代,マドレーヌ期の遺跡。パンスバン遺跡と同様,精密に調査,分析され,生活が復元されている。居住地点は3地点確認され,自然遺物の分析から夏と冬に居住されていたこと,使用されている石材の分析から,夏の人々は西の大西洋方面から,冬の人々は東のヨーロッパ平原から来たことが推定されている。スレートに彫られた動物や人間の刻線画が多数ある。また簡略化した「旧石器時代のビーナス」もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android