コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲフィオンの噴水 ゲフィオンのふんすい

1件 の用語解説(ゲフィオンの噴水の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゲフィオンのふんすい【ゲフィオンの噴水】

デンマークの首都コペンハーゲン、ランゲリニエ(Langelinie)の遊歩道の南にある噴水。同市のシンボルとなっている人魚の像の南約500m、アマリエンボー宮殿の北約500mに位置する。この噴水には、4頭の牛を使って土地を耕している女神ゲフィオン(Gefion)の彫刻がある。ゲフィオンは、北欧神話に登場するアース神族の一人で、北欧神話によると、1日で耕せるだけの土地を与えるという約束を得たゲフィオンは、4人の息子を雄牛に変えて、1日でシェラン島(Sjælland)全島を耕したという。シェラン島は、首都コペンハーゲンがあるユトランド半島の東のバルト海にある島である。ちなみに同島は、グリーンランドとその属島を除くと、デンマークで最も大きな島である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲフィオンの噴水の関連キーワードクーラウコペンハーゲンコペンハーゲン学派シェラン島コペンハーゲンブルーストロイエスロッツホルメンコンチェルト・コペンハーゲンデンマーク王立管弦楽団コペンハーゲンカーニバル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone