コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲフィオンの噴水 ゲフィオンのふんすい

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゲフィオンのふんすい【ゲフィオンの噴水】

デンマークの首都コペンハーゲン、ランゲリニエ(Langelinie)の遊歩道の南にある噴水。同市のシンボルとなっている人魚の像の南約500m、アマリエンボー宮殿の北約500mに位置する。この噴水には、4頭の牛を使って土地を耕している女神ゲフィオン(Gefion)の彫刻がある。ゲフィオンは、北欧神話に登場するアース神族の一人で、北欧神話によると、1日で耕せるだけの土地を与えるという約束を得たゲフィオンは、4人の息子を雄牛に変えて、1日でシェラン島(Sjælland)全島を耕したという。シェラン島は、首都コペンハーゲンがあるユトランド半島の東のバルト海にある島である。ちなみに同島は、グリーンランドとその属島を除くと、デンマークで最も大きな島である。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android