コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲマインシャフツシューレ Gemeinschaftsschule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲマインシャフツシューレ
Gemeinschaftsschule

第1次世界大戦後,ドイツのハンブルクベルリンで実践された新学校。従来の教科課程,時間割,試験,罰則などを撤廃,学校を子供と教師と父母の自由な生活共同体=ゲマインシャフトとしてとらえ,子供の自由な学習と,共同生活を通しての生活指導とを中心に教育計画を構成するものであったが,その楽天性が批判された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android