ゲマインシャフツシューレ(英語表記)Gemeinschaftsschule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲマインシャフツシューレ
Gemeinschaftsschule

第1次世界大戦後,ドイツのハンブルクベルリンで実践された新学校。従来の教科課程,時間割,試験,罰則などを撤廃,学校を子供と教師と父母の自由な生活共同体=ゲマインシャフトとしてとらえ,子供の自由な学習と,共同生活を通しての生活指導とを中心に教育計画を構成するものであったが,その楽天性が批判された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android