コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲマインシャフツシューレ ゲマインシャフツシューレ Gemeinschaftsschule

1件 の用語解説(ゲマインシャフツシューレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲマインシャフツシューレ
ゲマインシャフツシューレ
Gemeinschaftsschule

第1次世界大戦後,ドイツハンブルクベルリンで実践された新学校。従来の教科課程時間割,試験,罰則などを撤廃,学校を子供と教師と父母の自由な生活共同体ゲマインシャフトとしてとらえ,子供の自由な学習と,共同生活を通しての生活指導とを中心に教育計画を構成するものであったが,その楽天性が批判された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲマインシャフツシューレの関連キーワードショプロンヒンデンブルクハンバーグエーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク・バレエ団BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)欧州統合とオランダ《第2次世界大戦》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone