コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲラシウス1世 ゲラシウスいっせいGelasius I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲラシウス1世
ゲラシウスいっせい
Gelasius I

[生]?
[没]496.11.19. ローマ
北アフリカ出身の教皇 (在位 492~496) ,聖人。キリスト単性論者の扱いをめぐって引起されたアカキウスの離教と戦い,教皇の首位権を強く主張した。教会の権威と世俗権力がともに神に由来する独立した力であるという,進歩的な思想を書簡に披瀝している。『ゲラシウスの典礼書』 Sacramentarium Gelasianumと『ゲラシウス教令集』 Decretum Gelasianumは彼の作とされているが誤り。祝日 11月 21日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲラシウス1世の関連キーワード両剣論

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android