ゲラン(読み)げらん(英語表記)Daniel Guérin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲラン(Daniel Gurin)
げらん
Daniel Gurin
(1904―1988)

フランスの政治思想家。5月19日パリに生まれる。リセ卒業後、政治学を学び、さまざまな職業を経たのち、文学、ジャーナリズムの分野で活躍する。1930年社会党に入党したが翌1931年脱退、反ファシズム運動を組織した。1935年社会党に復党したが、1938年にふたたび脱退し、M・ピベールMarceau Pivert(1895―1958)と社会主義労農党を結成した。アナキズムの系譜にたちながら、広い学識と鋭い現実感覚によってマルクス主義、トロツキズムをも包摂し、絶対的自由libertaireの立場を貫いている。『褐色のペスト』La Peste brune a pass l(1933)、『人民戦線』Front populaire: Rvolution manque(1963)、『現代のアナキズム』L'Anarchisme(1965)、『第一共和政下の階級闘争』La lutte de classes sous la premire rpubliqueなど、ファシズム、人民戦線、アナキズム、フランス革命などについて多くの著書がある。[瓜生洋一]
『江口幹訳『現代アナキズムの論理』(三一新書) ▽村上公敏訳『革命的自然発生』(1976・風媒社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲランの関連情報