ゲルト ガイザー(英語表記)Gerd Gaiser

20世紀西洋人名事典の解説

ゲルト ガイザー
Gerd Gaiser


1908.9.15 -
ドイツの小説家
オーバーリークシンゲン生まれ。
牧師の子として生まれ、初め神学校で学んでいたが、画家を志してシュトゥットガルト、ケーニヒスベルの芸術アカデミー、テュービンゲン大学で学んだ。第二次世界大戦中は戦闘機隊員、戦後ロイトリンゲンの高校美術学校教授をつとめ、自らの経験にもとづく戦争、戦後の現実を題材として描いた。また、フォンターネ賞(1951年)、バイエルン芸術院文学賞(’55年)などを受賞。主な作品は「一つの声もちあがり」(’50年)、「最後の舞踊会」(’58年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ゲルト ガイザー

生年月日:1908年9月15日
西ドイツの作家
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android