コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルマノス Germanos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルマノス
Germanos

[生]634頃
[没]732頃
東方教会の聖人,コンスタンチノープルの総大主教。 712年に東ローマ皇帝フィリップスの圧力によってキリスト単意説に同調したが,やがて正統主義に復帰。 725年皇帝レオ3世が聖画像を禁じて聖画像論争が始ると,禁止令反対の中枢となり,そのため 730年総大主教職を追われ,引退を余儀なくされた。若干の書簡と聖母に関する説教が残っている。祝日は5月 12日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲルマノスの関連キーワードコンスタンチノープルギリシア解放戦争宗教劇

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android