コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルー Gueroult, Martial

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルー
Gueroult, Martial

[生]1891.12.15. ルアーブル
[没]1976.8.13.
フランスの哲学史家。コレージュ・ド・フランス教授。デカルトら合理主義哲学者たちやフィヒテの研究がある。主著"Descartes selon l'ordre des raisons" (2巻,1953) ,"Quatre Etudes sur la perception et sur Dieu consacrées à Berkeley" (56) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のゲルーの言及

【ラマ教】より

…このことを戒めとしていた明朝も,永楽帝時代にチベットに対して積極的な懐柔政策をとりはじめると,特に青海やカム(喀木)地方で寺院を擁していた民族が,通貢の利得をねらって宮廷に入りこみ,約1世紀にわたって後宮の猥褻(わいせつ)な要請におもねり,歴代皇帝を惑乱して,チベット仏教を淫祠邪教とするぬぐいがたい印象を中国に残した。 15世紀初めころ,ツォンカパと呼ばれる天才的な僧が現れて,ラサの東方40kmの地にガンデン大僧院を建て,ゲルー(〈徳行〉),あるいは黄帽派ともいわれる一宗を開いた。青海の西寧近くに生まれ,中央チベットに出て,西寄りのツァンに赴き,サキャ派のレンダーワ(1349‐1412)などに師事して顕密2教,特に中観帰謬論証派の哲学やタントラ仏教を学んだ。…

※「ゲルー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲルーの関連キーワードチャンジャ・フトクトパンチェン・ラマタシルンポ寺ダライ・ラマボグドゲゲンアティーシャシモンドンクンブム寺6月15日ガンデン寺ギリシア史ツォンカパミケルセンレポン寺セラ寺黄帽派慶寧寺

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android