ゲンゴロウ(源五郎)(読み)ゲンゴロウ(英語表記)Cybister japonicus

世界大百科事典 第2版の解説

ゲンゴロウ【ゲンゴロウ(源五郎) Cybister japonicus】

甲虫目ゲンゴロウ科の昆虫(イラスト)。扁平なからだは後方へ広がり,背面は緑光色を帯びた黒色で側縁は黄褐色に縁取られる。体長35~40mm。雄の前脚の先方(跗節(ふせつ))は幅広く,裏側は吸盤になっていて交尾のときを抱くのにつごうよくできている。日本全土のほか,台湾,朝鮮半島,中国,シベリアなどにも分布する。平地から山地までの池や沼,流れの静かな川にふつうに見られたが開発や農薬の影響などでその数は激減した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android