コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲンノショウコ(現の証拠) ゲンノショウコGeranium nepalense var. thunbergii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンノショウコ(現の証拠)
ゲンノショウコ
Geranium nepalense var. thunbergii

フウロソウ科の多年草。フウロソウ,ネコアシ,ミコシグサなどともいう。日本全土,台湾,朝鮮半島に広く分布し,しばしば雑草状になっている。茎は地面を横にはい,長さ 50cmに達し,葉柄とともに下向きの毛が多い。葉は径3~4cmの円形で掌状に浅く裂け,表面に紫赤色の斑紋をもつことが多い。7~9月頃,葉腋から花茎を出し,その先に2個の花が開く。花はウメの花に似た径 1cmほどの5弁花で,紅紫色,淡紅色あるいは白色で紅色の脈があり,地方によって変異が多い。花の咲く夏に,茎,葉をとり,陰干ししたものを煎じて,下痢止め,整腸,止血,殺菌などに民間薬として用いられてきた。ききめが著しいことから「現の証拠」と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲンノショウコ(現の証拠)の関連キーワードフウロソウ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android