コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲンベシュ Gömbös Gyula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンベシュ
Gömbös Gyula

[生]1886.12.26. ムルガ
[没]1936.10.6. ミュンヘン
ハンガリーの政治家。軍人出身。クン・ベーラのソビエト共和国に対抗してセゲドに樹立された反革命政府でホルティに協力。 1920年代初頭,統一党に参加したが,次第に権威主義的ファシズムに傾斜し,人種防衛党を結成した。 1929~32年陸相,32~36年首相を歴任。親ドイツ,親イタリア外交を推進した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲンベシュ
げんべしゅ
Gmbs Gyula
(1886―1936)

ハンガリーの軍人、ファシスト政治家。1919年の革命・反革命の時代にハンガリー全国防衛連盟議長につき、軍人から政治家への一歩を踏み出す。ホルティの下で白色テロを指揮。その後一時ベトレン内閣とたもとを分かち、人種主義的なハンガリー民族独立党を結成。しかし、28年には統一党に復帰し、ベトレンおよびカーロイ内閣の国防相を務めた。深まる政治危機のなかで32年に大地主と軍部の支持を得て首相に就任。親独・親伊を外交基調とし、国内的にもさまざまなデマゴギーでファシスト体制樹立を目ざした。34年にイタリア、オーストリアとローマ議定書に調印。35年選挙でベトレン派を抑え込むが、翌年腎臓(じんぞう)病で死亡した。[家田 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゲンベシュの関連キーワード12月26日枢軸