コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーザ Géza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーザ
Géza

[生]?
[没]997
ハンガリー大侯 (在位 970~997) 。アールパードの曾孫,イシュトワーン1世 (聖王) の父。隣国,特にドイツとの関係を強化。キリスト教に改宗し,キリスト教の聖職者,騎士を招聘,しかし異教も許容した。部族主義と戦い,統一国家の樹立に努力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のゲーザの言及

【エステルゴム】より

…5世紀の匈奴侵入によりローマの支配が終わった。10世紀中ごろからゲーザGéza(?‐997)公が居城を建設,やがてハンガリー王もここを王宮とする。とくに12世紀後半のベーラBéla3世の代に黄金時代を迎え,ローマ風の王宮が完成。…

【ハンガリー】より

…定住後ハンガリー人は西欧へ進出したが,955年にドイツ王オットー1世の軍に敗れ,以後先住のスラブ人から農耕を学びつつ,ハンガリー盆地での国家建設に努めた。封建国家の形成は10世紀末のアールパード家のゲーザGéza公のときに始められ,その子イシュトバーン世のときに完成した。997年から1038年まで在位した彼は,諸部族を統一し,国内行政組織を整備し,キリスト教を導入して教会組織を固め,統一国家を樹立した。…

※「ゲーザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲーザの関連キーワードアレッシャンドレ・タデウ ガーロイシュトワーン1世(聖王)イシュトバーン(1世)ラースロー1世(聖王)イシュトバーン[1世]マリオ ザガロパンノンハルマケチケメートエステルゴム11月19日ハンガリーベーラ3世緯度観測所東欧映画8月3日マゾーラ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android