コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーザ ゲーザGéza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーザ
Géza

[生]?
[没]997
ハンガリー大侯 (在位 970~997) 。アールパードの曾孫,イシュトワーン1世 (聖王) の父。隣国,特にドイツとの関係を強化。キリスト教に改宗し,キリスト教の聖職者,騎士を招聘,しかし異教も許容した。部族主義と戦い,統一国家の樹立に努力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のゲーザの言及

【エステルゴム】より

…5世紀の匈奴侵入によりローマの支配が終わった。10世紀中ごろからゲーザGéza(?‐997)公が居城を建設,やがてハンガリー王もここを王宮とする。とくに12世紀後半のベーラBéla3世の代に黄金時代を迎え,ローマ風の王宮が完成。…

【ハンガリー】より

…定住後ハンガリー人は西欧へ進出したが,955年にドイツ王オットー1世の軍に敗れ,以後先住のスラブ人から農耕を学びつつ,ハンガリー盆地での国家建設に努めた。封建国家の形成は10世紀末のアールパード家のゲーザGéza公のときに始められ,その子イシュトバーン世のときに完成した。997年から1038年まで在位した彼は,諸部族を統一し,国内行政組織を整備し,キリスト教を導入して教会組織を固め,統一国家を樹立した。…

※「ゲーザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲーザの関連キーワードグラム当量成宗[高麗]太宗[宋]成宗加奈陀グラム当量キョーリン製薬ホールディングス足利市消防職員文書偽造事件拾遺抄源満仲

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲーザの関連情報