ゲーム盤とみられる土器

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゲーム盤とみられる土器

平城京二条大路から1989年に見つかった奈良時代土師器(はじき)。直径約19センチの深皿で、直径約8センチの円と、6等分するような線上にたくさんの丸印が刻まれていた。「出」の文字もあった。似た記号のついた土器や板は、奈良~平安時代の出先官庁があった秋田城跡秋田市)などでほかに6例見つかっている。

(2015-05-26 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android