コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイチヤクソウ(小一薬草) コイチヤクソウPyrola secunda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイチヤクソウ(小一薬草)
コイチヤクソウ
Pyrola secunda

イチヤクソウ科の多年草。本州中部から北海道,千島,サハリン,朝鮮半島,ユーラシア大陸北部,北アメリカに分布し,亜高山帯の針葉樹林下に生える。高さ約 10cm。地下に細長い根茎があり,茎は直立して細い。葉は深緑色で輪生状に集って2~3段つき,楕円形で先がとがり長さ 1.5~3cm。鱗片葉は5~6枚。7~8月,偏側性の花穂をつくり,径約 5mmで緑白色の小花を密につける。花は放射相称の鐘形,裂片は接合して開かない。おしべは 10本, (やく) は孔裂する。子房は平円形で5溝あり,花柱は花外に突出する。蒴果は平円形で5殻片よりなる。イチヤクソウPyrolaのほかの植物にはみられない形質があり,別属 Orthiliaとする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コイチヤクソウ(小一薬草)の関連キーワードPyrola

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android