コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウシンソウ(庚申草) コウシンソウPinguicula ramosa; butterwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウシンソウ(庚申草)
コウシンソウ
Pinguicula ramosa; butterwort

タヌキモ科の多年草。関東地方北部の高山の岩壁に生える。葉の表面の多数の腺毛から分泌する粘液で虫を捕える食虫植物ムシトリスミレ P. vulgarisに似ているが,これよりやや小型で花茎が分岐する点で異なる。葉は数枚が根生し,長さ3~5cmの狭卵形で先は丸い。6~7月に,長さ5~8cmの花茎を伸ばし,下部で2本に分れて先端に各1個の淡紫色の花を横向きにつける。花は一見スミレに似た左右対称形で長い距がある。初め栃木県の足尾近くの庚申山で発見されたのでこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コウシンソウ(庚申草)の関連キーワードムシトリスミレ(虫取菫)タヌキモ科日光市

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android