コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウノトリ(鸛) コウノトリ

1件 の用語解説(コウノトリ(鸛)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コウノトリ【コウノトリ(鸛)】

コウノトリ目コウノトリ科の鳥,またはコウノトリ科に属する鳥の総称。コウノトリCiconia boyciana(英名white stork)(イラスト)は全長約115cm。ツル大の大型白色の鳥で,風切羽と初列および大雨覆いのみ黒く,脚が赤い。世界に3亜種があり,日本,朝鮮半島,中国東北部,沿海州に分布するコウノトリC.b.boycianaは大型でくちばしが黒色である。ヨーロッパと北アフリカで繁殖するものは小型でくちばしが赤く,シュバシコウ(朱嘴鸛)C.b.ciconia呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コウノトリ(鸛)の関連キーワード大鳥朱嘴鸛鍋鸛禿鸛長官殿どうのこうのこうのとり関東地方のトキ、コウノトリ松島興治郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone