コウヤワラビ(高野蕨)(読み)コウヤワラビ(英語表記)Onoclea sensibilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オシダ科の夏緑性シダ植物。日本各地,北半球に広く分布する。原野草地に生える。冬,葉は枯れ,栄養葉,胞子葉の別がある。栄養葉は高さ 30~60cm,無毛,薄い草質で三角状卵形であるが,羽状に深い切れ込みがあって 10片以上の羽片から成っている。葉柄は細く,葉身より長い。胞子葉は褐色長柄で,葉身は羽状をなし,羽片の裂片は球状に縮んで,内部に胞子嚢群をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android