コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウリンカ(紅輪花) コウリンカSenecio flammeus var. glabrifolius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウリンカ(紅輪花)
コウリンカ
Senecio flammeus var. glabrifolius

キク科の多年草で,本州,北九州,朝鮮半島などに分布する。日当りのよい山地の草地に生える。高さ 50cmとなり分枝せず,上部に散房状に数個の頭状花をつける。茎葉は互生し,長さ5~8cmの披針形根葉はスプーン形で翼のある柄をもつ。頭状花は径 2cmほどで,総包片は紫褐色,舌状花弁は濃い橙赤色で十数個が放射状につき,著しく反転して垂れ下がる傾向がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android