コエルエル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コエルエル

?-? 幕末のアイヌの予言者。
松浦武四郎が安政4年(1857)にあらわした「近世蝦夷(えぞ)人物誌」によれば,蝦夷地(北海道)のシヤリにすむ未婚の女性で,鱒(ます)などの漁について不思議な予知能力をもっていたとされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android